小児矯正 子供の矯正【よい歯並びネット】子供の矯正治療 矯正歯科|Q&A

Q&A

Q子供の矯正治療の場合、何歳頃から相談したら良いでしょうか?

6〜7歳の段階で永久歯の生え替わりが始まった頃に一度相談されることをおすすめします。歯並びやかみ合わせに問題を起こされる方の多くが、この生え替わりの時期に原因があると考えられます。
この時期のお子さまは、永久歯への生え替わりだけではなくお体(顎骨 骨格)も旺盛に成長する時期です。
問題を早期に発見し予防を考えることは将来の負担を軽減するのに役立ちます。

Q子供の歯の異常を見つけるポイントはなんですか?
子供の成長発育のちょっとした癖・習慣などは、大人になってからの歯並びにまで影響してしまう事がありますので、親御さんがお子さんの歯を見てあげましょう。
子供の歯の異常を見つけるポイントは、歯ぎしりをする、でこぼこの歯・歯列からはみ出た歯がある口での呼吸が多い、出っ歯や受け口、顔の左右のアンバランス、話し方がおかしい、両親の歯並びが悪い、生え替わりの時期に、歯と歯の隙間がない、指しゃぶり・おしゃぶりが長引いている、などです。このような場合には、早めに受診し診察を受けることをおすすめします。
Qなぜ歯医者さんでの予防が大切なのですか?
虫歯にしても歯周病にしても、歯は初期に自覚症状が出ないので、ついつい歯科医院に行くタイミングや治療のタイミングが遅れがちです。予防中心の歯科医療を行うと、治療時間も、治療回数も、治療時の痛みも、治療費も、生涯失う歯の数も全て少なくてすみます。
現在でも「痛くなったら歯医者に行く」という方が多いのではないかとおもいます。
口の中を健康に保つことは、癌や心筋梗塞、脳卒中などの病気にかかる確率も下がると言われています。
Q歯ブラシの選び方や磨き方にもポイントがありますか?
まず、歯ブラシのヘッドは小さい方が細菌を落としやすいので、大きなものよりも小型なものを選んでください。毛の硬さは、普通の硬さのナイロン毛が最適です。
鏡を見ながら、軽く鉛筆を握るようにゆったりと優しく持って、歯と歯ぐきの境目を重点的に、歯ブラシを細かく細かく動かして、歯垢を取り除いてください。
歯科医院で定期検診を受けて、自宅で正しい歯磨きができれば、虫歯や歯周病になる可能性がかなり低くなります。
QPMTCってなんですか?
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯磨きのプロ(P)が行う器具・機械(M)を使った歯(T)のクリーニング(C)です。
歯垢や歯石はもちろん、自分ではなかなかとれない茶シブやヤニ、苦手なところの磨き残しをきれいにするのが、PMTCという歯と歯ぐきのクリーニングです。
QPMTCは、どれくらいの頻度で通えばいいですか?
3〜6ヶ月に1回通うだけです。次にクリーニングケアを受けるまでの間は、自宅で正しい歯磨きをしてその状態をできるだけキープしてください。
きちんと予防すれば、一生自分の歯で過ごすことができます。
Qフッ素ってなんですか?
フッ素は、歯に塗ることで歯の質を強くし、虫歯になりにくくする薬です。歯科医院で行なうフッ素塗布のほか、自宅で使えるフッ素入り歯磨き材や洗口液もあります。当院でも販売しておりますので、ご希望の方は受付にお申し出ください。

Page Top