小児矯正 子供の矯正【よい歯並びネット】子供の矯正治療 矯正歯科|小児矯正

小児矯正

子供の矯正治療

歯並びが悪くなってしまった場合、代表的な症状があります。

  1. 前歯が前突している、もしくはねじれている
  2. 生え替わった歯が凸凹に
  3. 上の歯と下の歯の間が開いている(開咬)
  4. 前歯のかみ合わせが逆(受け口)
  5. 後ろの大きな歯(臼歯)のかみ合わせが逆
  6. 永久歯が出てこない

お子さま本人やお父さんお母さんが、子供の歯並びの歯並びの悪さに気づかれるのは、大体6〜7歳頃だと思います。この時期に大人の歯が生え替わる頃だからです。

経過観察の大切

お子さまの歯並びの異常に気がつかれた場合、専門医の診察が重要です。

経過観察も大切
成長中のお子さまは現在、気になる問題が成長・生え替わりと共に変化する場合があります。
また、症状によっては早期の治療が良い結果を導くこともありますので注意が必要です。

1 . 上の前歯の隙間

Ugly duckling stageといって上の前歯に隙間ができ、少し見栄えが悪くなる時期があります。これは上の犬歯が生える過程で上の前歯の歯根を多少圧迫し、上の前歯に隙間ができるわけです。これは正常なプロセスで異常とは言えません。
しかし、過剰歯(余計な歯)がある場合、小帯(唇と繋がる筋)が関係している処置を必要とする場合があります。

2 . 上の前歯が前突・かみ合わせが深く下の前歯が見えず隠れてしまう(過蓋咬合)

前歯が前突していますと、唇が閉じにくく、お顔立ちや、呼吸(口呼吸)、発音、顎の成長咀嚼に悪影響が有る場合があります。特に男の子は遊びや運動中に歯を折るなどの怪我をすることも多く早めの処置を考えた方が良いと思います。

3 . 下の前歯のでこぼこ(叢生)

下の前歯が互いに重なってしまう叢生は生え替わりの時期によく見られます。軽度の場合は成長と共に改善する場合があります。少し様子を診る余裕があっても良いのではと思いますが、上との歯の合わさり方で歯が生えにくい状態、歯がすり減る、一部の歯だけ長い(歯肉が痩せてきている)などの症状が有る場合は要注意です。

4 . 上と下の歯の間が開いている開咬

わりあいと見逃しやすいのが、この開咬です。
上下の歯並びが乱れていないので、気がつかない場合も多く歯科検診等で指摘される場合が多いようです。
悪い習慣(指しゃぶり等・・)鼻呼吸が出来ず口で呼吸する場合も見られることがあります。
また、前歯をぶつけて外傷による歯の癒着が歯の萌出を制限していることも有ります。
この場合、大きく顎の成長方向やお顔立ち、発音や、咀嚼に悪影響が有ります。

5 . 受け口

前歯が逆の咬み合わせになっている。
特にかみ合わせるときに前歯の位置が悪く下顎が上の顎に対して前の方に誘導され、結果として反対のかみ合わせになる或いは一部の歯だけが反対のかみ合わせにますような場合、早期の治療が効果的です。早期に改善することでその後の顎やお顔立ちの成長のバランスが整う事が多いからです。

6 . 奥歯の咬み合わせが上下の歯の関係が横にずれている

奥歯の咬み合わせが上下の歯の関係が横にずれていることがあります。見えにくいところですので気がつかない場合が多いようです。
これについては奥の歯が倒れて歯の位置が悪い場合、上下の歯列の大きさ(幅)が不調和の場合が考えられます。
この結果、下顎が横にズレ顎が曲がる(お顔が曲がる)など、顎の成長に悪い影響が現れます。
また、下顎の関節に負担をかけ症状を悪くしてします場合があります。
下顎の成長が左右差があったり、外傷などの影響で顎の関節にダメージを受け左右で下顎の変形が有る場合は注意深い診断が重要となります。

7 . 永久歯か出てこない

永久歯が埋伏し何らかの原因で歯の生え替わりが阻害される場合があります。
歯を萌出誘導するのは子供の時期の方が遥かに楽に出来る場合が多いからです。
埋伏歯は時に隣の歯の歯根に悪影響を及ぼしたり、成人まで発見が遅れると癒着や歯根の成長が止まり助けられない確率が増えてきます。
また、引き出してきた歯に対する歯肉の付着位置が痩せ歯根が露出してしまうリスクが増えてしまいます。

8 . 成長・発育

上の顎の成長

お顔の成長と共に大きくなります。

下の顎の成長

上の顎の成長がストップしても、しばらくは下顎の成長は続きます。
女性で14,5歳、男性で16,7歳頃でしょうか。この下顎の成長には個人差があり、通常は前下方に向かって大きくなりますが、下方向、或いは前方向に大きく成長し成長方向により大きくお顔立ちに影響してきます。当然下顎に生えている歯列も成長に伴って移動しますので、上の歯列との位置も変化します。

9 . 下の顎の成長が顕著な場合

遺伝の影響も有りますので、家族や親戚に下顎が大きく成長している方がいないかをチェックする必要があります。この様なタイプは女性で17歳頃、男性で20歳頃までは下の顎が成長し大きくなる可能性が有ります。

Page Top

床矯正

床矯正装置は、床矯正装置は入れ歯に似た装置です。患者さんの都合によって、学校に行く間や写真撮影があるとき、発表会のときなど、好きなときに装置を取り外すことができます。また、歯を磨くときに取り外すことができるので、口の中を清潔に保ちやすいため、虫歯になりにくいというメリットもあります。

歯列を広げて歯並びを整える床矯正は、歯の生え替わりの時期を利用し治療する方法ですが、全てのケースが、床矯正で解決できるというわけではありませんので、専門医の診断を仰ぎましょう。

Page Top

子供の矯正治療例

通常は混合歯列(生え替わりの時期)に一期治療を行い、永久歯萌出後二期治療を行います。

お子様の叢生治療例

矯正治療前

矯正治療前

一期治療終了時

一期治療終了時

二期治療終了時

二期治療終了時

お子様の上顎前突治療例

矯正治療前

矯正治療前

一期治療終了時

一期治療終了時

二期治療終了時

二期治療終了時

お子様の反対咬合治療例

矯正治療前

矯正治療前

一期治療終了時

一期治療終了時

お子様の開咬治療例

矯正治療前

矯正治療前

一期治療終了時

一期治療終了時

Page Top